事業再生を成功させるために必要なこと | 事業再生のリアル

事業再生を成功させるために必要なこと

「事業の業績が思わしくなくて事業再生を検討している」「倒産を避けるためにも事業再生には絶対に失敗できない」……そんな経営者の方に向けて、本稿では事業再生を成功させるために抑えておきたいポイントを解説します。顧問先から事業再生について相談を受けている弁護士・税理士の方も必見です。

私的再生と法的再生の選択

事業再生には裁判所を介さずに債権者と直接交渉して債務を整理しながら再生を目指す「私的再生」と、裁判所を介して行う「法的再生」という2つの枠組みがあります。

私的再生を試みて、どうしても債権者の同意を取り付けられなった場合のみ法的再生を行うのが一般的です。ただし、事業の経営悪化が切迫している場合は例外的に法的再生を選択することもあります。どちらを選択すべきかは状況によって異なり、最適な方法を選択しなければなりません。

こちらのページでは私的再生と法的再生それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説しています。

私的再生と法的再生の記事についてはこちら

どんな再生種類・スキームがあるのかを把握する

経営状態が悪化している企業にはさまざまな問題が発生していて、経営者の悩みは千差万別です。事業再生を果たすためには「どんな再生手法が存在するか?」を知り、自社に合ったものを選ぶことが重要です。そこで、事業再生の種類やスキームについてご説明します。

自分たちで債権者と交渉しながら進める私的再生には「事業再生ADR」、「私的整理ガイドライン」、「中小企業再生支援協議会」という3つの手法があります。一番メジャーな事業再生ADRを中心に、各手法の特徴について解説します。

私的再生における手法の記事についてはこちら

裁判所が介入する法的再生には「民事再生」、「会社更生」、「特定調停」という3つの手法があります。それぞれの特徴や手続きなどの流れを解説します。

法的再生における手法の記事についてはこちら

事業再生スキームは企業の財務状況の健全化を目的に行います。この事業再生スキームには6つ種類があり、債務支払の延期や事業譲渡まで、状況に応じてさまざまな手法を選択できます。

事業再生スキームの記事についてはこちら

事業再生を成功させる6つの考え方

事業再生を成功させるためにはマインドを変える必要があります。考え方を知っておけばより効率的に再生を進めることができるようになります。逆にマインドを変えることができなければ、事業再生というゴールにはいつまで経ってもたどり着けません。事業再生を成功させるために欠かせない6つの考え方を伝授します。

事業再生を成功させる6つの考え方の記事についてはこちら

事例から学ぶ

「愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ」ということわざがあります。事業再生においても過去の事例から成功要因あるいは失敗した原因を学ぶことは非常に効果的です。闇雲に行動しながら解決策を模索するよりも、まずは事例をしっかり調べて「成功した企業は何をしたのか?」を知ることで、効率的に事業再生の方法を見つけることが可能になります。

これまでの事例を交えて、企業が事業再生に成功した秘訣を紹介します。

こちらのページでは事業再生の事例をインタビュー形式で紹介しています。実際に経験した方にしかわからない、事業再生のリアルをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

事例紹介(インタビュー形式)の記事についてはこちら

経営者が一人で頑張っても事業再生は成功しません。重要なのは社員の意識改革を行うこと。そのためには経営者のリーダーシップが必要不可欠です。

3社の事例を通じて事業再生ではどんな場面で、どのようにリーダーシップを発揮すべきか解説します。

事業再生で必要なリーダーシップの記事についてはこちら

未だトラブルが解決できていない方も多い「ゴルフ場の会員に関する預託金のトラブル」に巻き込まれてゴルフ場の経営悪化に陥ってしまった企業の事業再生成功事例です。債務カットの事例や事業再生のための具体的な方策についてもわかりやすく解説します。

ゴルフ場の再生事例の記事についてはこちら

大量閉店のニュースで世間を騒がせた「いきなりステーキ」。なぜ経営不振に陥ったのか?そしてその後どのようにして事業再生を行いV字回復したのか?詳しく解説します。

いきなりステーキの再生事例の記事についてはこちら

事業コンサルパートナーとの付き合い方

事業再生の効果的な手段の一つとして、外部のコンサルティング会社に相談することが挙げられます。事業コンサルは事業再生のプロフェッショナルのため、迅速かつ正確に再生を支援してくれます。

ただ、コンサルティング会社なら誰でもいいわけではありません。事業再生は長い時間をかけて行うため、パートナーとの良好な関係性を構築し維持していくことが重要です。

経営者もしくは顧問弁護士・税理士は、どのようにコンサルティング会社と付き合っていけばいいのかを解説します。

事業コンサルのアドバイザーの選択は事業再生を成功させる上で非常に重要です。選び方を間違えれば失敗するリスクも考えられます。どのようなアドバイザーを選べばよいのか?そのコツを伝授します。

事業コンサルアドバイザーの選び方の記事についてはこちら

事業再生は長期戦であり、すぐに解決できるようなものではありません。事業再生のパートナー選びにおいては、信頼関係を構築できてかつそれが維持できるような人材を選ぶことが重要です。

このページでは企業から相談を受けた顧問弁護士・税理士の方の観点に立ったパートナー選びのポイントを解説します。

【弁護士・税理士必見】事業コンサルパートナーの選び方の記事についてはこちら

事業再生を依頼する
おすすめ企業5社

フロンティア・マネジメント

企業再生をメインに金融機関とのネットワークに強い

山田コンサルティング
グループ

中小企業を幅広くカバーできる組織力

みそうパートナーズ

苦境に立たされている経営者目線での事業再生なら

AGSコンサルティング

10億以下の小規模での事業再生なら

ロングブラック
パートナーズ

現場常駐で地域の中小企業をメインとした事業再生なら

事業再生の知識事業再生の知識

成功したリアルな事業再生事例成功したリアルな事業再生事例